成功しているソーラー発電と風力発電会社の資産運用管理者がソフトウエアを使う5つの理由

再生可能エネルギーの管理の際、求められるのは現場のアクティビティの管理だけではありません。あなたが資産運用管理者であれば様々なステークホルダーと協力したり、数多くのタスクを日々行っているはずです。データやタスク管理をまとめることで時間がどれほど節約できると思いますか。Arbox HAPは再生可能エネルギー技術と風力とソーラー資産運用管理者のための、タスク管理用にデザインされた最新式資産運用管理プラットフォームです。成功している風力、ソーラー資産運用管理者がソフトウエアを使う5つのル理由はご覧の通りです。

1. 自動化

時間がかかる作業もArbox HAPを使えば大幅な時間短縮が可能です。全ての資産データが使いやすく保管されており、自動的に出力や入力が行えます。何度も個人情報を入力したり、通知をOutlookで設定したり、Excel等でトラッキングする必要がなく、Arbox HAPは自動的にタスクをスケジュール化し、既存データとリンクさせる事で日々の資産トラッキングの効率化が可能です。

2. トラッキング

資産運用管理担当者だからこそ、プロジェクトステータスと現在進行中の仕事をリアルタイムで見ることで日々のアクティビティに大きな利益をもたらします。Arbox HAPはローレベルデバイスからSCADA APIを通じてデータを取り出し、データを一つの場所にまとめることができます。データ収集後、すぐに情報へアクセスすることができ、様々なインターフェイスを学ぶ必要もなく、ストレスフリーでご使用頂けます。

3. コンプライアンス

コンプライアンス義務は決められた期日までに完了させなければならない一連の項目化されたステップです。このステップには契約期間、規制、カンパニーポリシーなどが含まれます。一つ欠けていることで大きな問題となり、ダウンタイム、訴訟、契約のいざこざを引き起こす原因になります。Arbox HAPはこの3つの義務をトラッキングし、もし一つでも欠けていたら通知が来ます。

4. 請求書発行

Arbox HAPのクラウドを使用した請求書発行ツールは発電データを引き出したり、支払い期間や請求書発行にリンクさせる事も可能です。全てのサイトで使用可能であり、自動的にステークホルダーに通知を送ることも可能です。Arbox HAPに切り替えることで請求書発行を簡単に行うことができます。

5. レポーティング

自動化によってレポートの発行、配布にかける時間を削減します。Arbox HAPにより自動的にデータ抽出し、PDFを作成する機能によって、データを探し、ワードテンプレートへ入力する手間が省けます。レポートにアクセスする必要があるステークホルダーのリスト作成時も安心。レポートが作成された直後、ステークホルダーに通知のEメールが届けられます。作業を大幅に削減でき、正確にビジネスレポート管理することが求められる資産運用管理担当者にとってはもっとも必要な機能です。

インテリジェンス、プロアクティブな資産運用管理は資産パフォーマンスを最大限まで引き上げるための鍵です。

Arbox HAPはソーラーと風力発電企業の資産運用管理担当者が経験する問題のソリューションとして作られたソフトウエアです。私たちのお客様は小さなアクションで大きな効果を生み出す事が可能です。このソフトウエア資産運用管理によるベネフィットは無数であり、組織の最適化に必要なものと理解しています。

Arbox HAPは数多くの資産運用管理者に信頼され、採用されております。私たちのツールはコンプライアンス問題がきちんと対応されているか確認しつつ、あなたの資産パフォーマンスを上昇させます。再生可能エネルギーが進化している現在、私たちはArbox HAPを開発し続けています。変化する業界の条件を満たしつつ、アドバンテージになるため、私たちはソフトウエアを向上し続けます。

Arbox HAPがどのようにあなたのビジネスをサポートし、ROIを高めてくれるかを詳しく知りたい場合はぜひデモを予約してください。

デモバージョンを要求する

[contact-form-7 id=”408″ title=”Contact Form”]